Alibaba Cloud DNSの”Aレコード制限”を具体的に説明する

Entepriseバージョンの基本設定の中に”Aレコード制限”という項目があります。 最初、Aレコードとして登録できるRR数かと思ったのですがそうではありません。(既定の10個だと少なすぎ!ですし、最大90個でも足りないですし)

コンソール画面からヘルプを見ると「同じホストとISP回線に追加できるAレコードの最大数を指定します」と説明がありますが、通常のDNS管理者からするとISP回線?Aレコードの最大数?とより混乱するはずです。

正解は「Aレコードの制限=1つのRR(Aレコード)に登録できるRDATAの数」です。既定値の”10”では11個目のRR登録でエラーとなります。

Aレコードの制限を試してみる

まず、1つのAレコードのRRに10個のRDATAを登録します。以下の画面ではホストとして”test”に対して値を10個登録しています。

11個目を登録します。

OKボタンをクリックすると、コンソール右上に失敗した旨のメッセージが表示されます。 既定値の”10”の場合は11個目のRR登録でエラーとなることを確認できました。

そもそも10や90も登録するのはどんな場面なのか

一般的な使われ方はDNSラウンドロビンになると思います。 例えば、Aレコードの”www.bigriver.jp”に対して複数のIPアドレスをRDATAとして登録します。DNSクライアントは受け取ったIPアドレスを接続先とします。 耐障害性のない負荷分散を実現出来ます。(クライアントアプリケーションによっては、ラウンドロビンで取得した複数のIPアドレスに順番に接続する動作となるものもあります。この場合は耐障害性があります。)

Alibaba Cloudが想定しているのはGeoDNSと考えられます。GeoDNSでは国単位でクライアントを識別できるためです。 国ごとにAレコードのRDATAを登録するのかなと設定を探したのですが見つからず。 この話は引き続き調べて記事投稿したいと思います。