Alibaba Cloud 東京リージョンでZone Bが利用可能に! RDS編

2019年1月29日より東京リージョンがマルチゾーン化し、従来のZone Aに加えてZone Bが利用可能になりました。 MySQLやPostgreSQL、SQL Server、PPASをマネージド提供するApsaraDB RDSについてZone AとZone Bでの構成ポイントを整理してみました。

ECSについては以下の記事でZone毎に構成できるECSタイプファミリーが異なることを紹介しています。

最初に結論

  • MySQLとPostgreSQLはマルチゾーンによるハイアベイラビリティ構成が実現可能
  • SLB(Server Load Balancer)もZoneA/Bのマルチゾーン対応したので、ECSのフロントエンド、RDSのデータベース含めてマルチゾーンでの冗長化が可能となりました
  • Microsoft SQL Serverは2019年2月9日現在、Zone Aにのみ構成可能(Zone Aのなかでのハイアベイラビリティ構成はOK)
  • PPAS(Oracle互換データベース!)はZone Bにのみ構成可能

ApsaraDB for MySQL

  • 5.5/5.6/5.7ともすべてハイアベイラビリティエディションのみの提供。
  • 以下表でZone A行の”●”はZone Aの中でハイアベイラビリティ構成となる。
  • 基本はマルチゾーン(A+B)の選択で問題ない。
  • Zone Aで構成した場合、Zone障害には対応できない。通信遅延を最小化したい要件がある場合はデータベースのRDSとフロントエンドのECSをZone Aに集中させる構成は考えられる。
  • Zone Bの中だけでハイアベイラビリティは構成できない。ただ、マルチゾーンが構成できるので基本的には問題とならない
  • マルチゾーン構成時の既定のマスターノードはZone Aとなるが手動でスイッチオーバーすることも可能。
  • RDSのディスクは”ローカルSSD”と”クラウドSSD”を選択できる。
バージョン5.55.65.75.7
ストレージローカルSSDローカルSSDローカルSSDクラウドSSD
ハイアベイラビリティ
シングルN/A N/AN/AN/A
Zone A
Zone BN/AN/AN/A N/A
マルチゾーン
(A+B)
N/A

PostgreSQL

  • PostgreSQLもMySQLと考え方は基本的に同じ。
  • 基本はマルチゾーンを選択。
  • 通信遅延の要件が厳しい場合はZone Aを選択し、フロントエンドのECSもZone Aのみに配置する。
バージョン9.4
ストレージローカルSSD
ハイアベイラビリティ
シングルN/A
Zone A
Zone BN/A
マルチゾーン
(A+B)

Microsoft SQL Server

  • SQL Serverは2019年2月9日現在、Zone Bに対応していません
  • EE(Enerprise Edition)とSE(Standard Edition)はハイアベイラビリティ構成
  • WEB(Web Edition)とBasicはシングル構成

SQL Server 2016

バージョン201620162016
エディションEESEWEB
ストレージクラウドSSDクラウドSSDクラウドSSD
ハイアベイラビリティN/A
シングルN/AN/A
Zone A
Zone BN/AN/AN/A
マルチゾーン
(A+B)
N/AN/AN/A

SQL Server 2012

バージョン2012201220122012
エディションEESEWEBBasic
ストレージクラウドSSDクラウドSSDクラウドSSDクラウドSSD
ハイアベイラビリティN/AN/A
シングルN/AN/A
Zone A
Zone BN/AN/AN/AN/A
マルチゾーン
(A+B)
N/AN/AN/AN/A

SQL Server 2008 R2

バージョン2008R2
エディション
ストレージクラウドSSD
ハイアベイラビリティ
シングルN/A
Zone A
Zone BN/A
マルチゾーン
(A+B)
N/A

PPAS

  • Oracleとの高い互換性をもつPostgreSQLベースのデータベース。
  • Zone Bにしか配置できない。
バージョン10
ストレージローカルSSD
ハイアベイラビリティ
シングルN/A
Zone AN/A
Zone B
マルチゾーン
(A+B)
N/A