Alibaba Cloud DNS Enterprise購入時の検討ポイント

Alibaba Cloud DNSには無償とEnterpriseの2つバージョンを利用可能です。 Enterpriseは36円/月から利用可能ですが、利用する機能により課金は変動します。 今回は課金に関わる項目の考え方を紹介します。

実際のEnterpriseの購入画面は以下の通りです。基本設定として以下の6項目を指定します。

  • 最小TTL
  • Aレコード制限
  • サブドメインレベル
  • グローバル回線
  • 保護QPS
  • ドメイン変更回数

各項目の考え方をまとめてみました

基本設定の要素説明既定の値考え方
最小TTLTTLの指定■120秒
□60秒
□10秒
□1秒
クライアントのDNSキャッシュの保持時間となる。短いほどレコード変更時の反映が速くなる。
頻繁にレコード内容を変更しない場合は120秒で十分かと。
最大は1日まで設定可能。
Aレコード制限同じホストとISP回線に追加できるAレコードの最大数の指定■10
□20
□30
□40
□50
□60
□70
□80
□90
Aレコードの登録数の制限ではなく、1つのリソースレコードに対するRDATAの数。
GeoDNSを利用しない場合は既定値で問題ありません。
サブドメインレベルサブドメインの階層を指定■6
□7
□8
□9
□10
サブドメインの階層。7階層以上必要な場合のみ変更する。
グローバル回線クライアントの地理的情報に対応する応答レコードを提供する場合のレベルを指定。■グローバル
□大陸
□国
GeoDNSの利用に関わる設定。
基本はグローバルで、どうしても大陸や国レベルで制御したい場合は検討
保護QPS異常なDNSクエリに対する保護■20,000 Q/s
□100,000 Q/s
□200,000 Q/s
□300,000 Q/s
□400,000 Q/s
□500,000 Q/s
説明通り。
ドメイン変更回数ドメインの変更回数■2
□3
□4
□5
説明通り。

上記の要素ごとの価格表は以下の公式サイトを確認しましょう。

公式サイトはこちら

なお、購入プランで”1か月”と”1年”を選択出来ますが、”1年”を選択してもディスカウントはありません。(ECSやRDSなどは年額サブスクリプションの場合-15%のディスカウントあり)